megumi aimy fit blog

医療脱毛 / エステ脱毛を両方経験!やってよかった「全身脱毛」の体験談。クリニックの選び方のポイントもご紹介。

フィットネス レビュー 美容

こんにちは、メグミです。今日は脱毛に興味はあるけれど、一歩踏み出せずに迷っている方に向けて、私の体験談も交えながら「脱毛のススメ」をご紹介します。
トレーニングをしたりスキンケアをしたり、綺麗でいるためにお金と時間を日々かけて努力をしている方も多いと思うのですが、私にとって「脱毛」はパーソナルトレーニングと同じくらいお金と時間をかけてよかったもの、むしろ何でもっと早くやらなかったのかと思っているものです。
脱毛方式の違いや、対応しているクリニック、おすすめのクリニックもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧くださいね。それでは早速どうぞ!

毛がないことのメリット

日常で毛が気にならない(特にトレーニング時)


 
脱毛前に感じていた、毛の処理をし忘れた時の精神的負担が皆無です。
薄着になる夏の時期はもちろん、季節問わず薄着になりがちなヨガや筋トレ時に、毛の心配をすることがなくなりました。背中など、一人では日々処理しにくいところ今は気にならないので、服選びもラクに!

肌を清潔に綺麗に保ちやすい


 
毛の処理をすることで、肌が荒れたり、埋もれ毛ができてしまったり、肌トラブルのリスクにさらされてしまいます。また毛に汗が付着すれば、臭いや汚れの原因にも。毛がないだけで肌トラブルのリスクにさらす機会が激減しています。

毛の処理時間の短縮


 
脱毛をしていない時は、夏であれば毎日全身カミソリで処理をしていました。1日10分とすれば、1ヶ月で300分(5時間)もその時間を短縮できたことになります。今は産毛が気になる時だけ処理していますが、圧倒的時間の短縮を感じています。

毛があると、美意識の全てが台無しになってしまうリスクがあるので、それを避けられる


 
いくらスタイルが良くても、ヘアやメイクに気をつけていても、人の目についてしまえば、その努力がすべて無駄になる破壊力があるのが「ムダ毛」の存在です。実際、女である私であってもムダ毛がある女性を見つけてしまった時には、「あっ」となってしまいます。日々のせっかくの努力を無駄にしないためにも、脱毛をしてよかったと感じています。

クリニックを迷ったら、よく見る脱毛方式3つから選んでみる

「脱毛」と言っても種類がいくつかあります。クリニックによって受けられる脱毛方式が違うので、この点を踏まえてクリニックを選ぶとミスマッチを防ぐことができると思います。
私がクリニック選びの際によく見た脱毛方式は以下の3つでした。

【エステ脱毛】SSC脱毛/メグミ経験済

光脱毛の一種です。「SSC脱毛」とは、「スムーススキンコントロール」の略称。専用ジェルを塗布した肌の上から光を照射することで、ジェルに含まれる制毛成分が効果を発揮し毛の生成を抑えることができます。光とジェル効果の組み合わせで抑毛を促します。

メリット
・痛み・肌への負担が少ない
・美肌効果あり
・産毛にも効果あり

デメリット
・毛周期(1ヶ月~2ヶ月)が経過してから次を受ける必要あり
・完全に毛が生えてこなくなるまで時間がかかる

蓄熱式脱毛

SHR脱毛とも呼ばれ、比較的新しい脱毛方式。毛根ではなく、毛根よりも表皮に近い比較的浅い部分にある「バルジ領域」を破壊します。バルジ領域はヘアサイクル(毛の発生→成長→脱毛→再発生)を担い、発毛にまつわるすべてを管理している器官。ここが壊されることで発毛の指令を出せなくなり、生えている毛が抜け落ちた後は生えてこなくなる、というメカニズムです。

メリット
・痛み・肌への負担が少ない
・日焼けしている肌・地黒な肌でもOK
・産毛にも効果あり
・毛周期(1ヶ月~2ヶ月)関係なく、約2週間に1回のペースで通える

デメリット
・完全に毛が生えてこなくなるまで時間がかかる
・新しい方式で導入サロンが少ない。実績も少ない。

【医療脱毛】熱破壊式脱毛/メグミ経験済

脱毛したい箇所に高出力のレーザーを肌に当て、毛根(黒い毛)にダメージを与えて脱毛します。毛の元を刺激させるため肌の奥にまで熱をしっかり与えていきます。
高出力のレーザーを当てるため医療機関やクリニックでしか施術することができません。

メリット
・少ない回数で脱毛ができる
・光脱毛と比較すると段違いの脱毛効果を感じられる

デメリット
・部位によっては痛みがある
・光脱毛に比べて高額
・肌の炎症や火傷、まれに毛嚢炎(毛穴の奥の毛根を包んでいる部分(毛包、毛嚢)に起こる炎症)や硬毛化(脱毛前よりも毛が太くなる)が起こるリスクがある

私が経験した脱毛方式の感想

上で説明したものの中から私は2つの施術をコースで受けたことがありますのでその率直な感想です。

感想【エステ脱毛】SSC脱毛

ミュゼのキャンペーンを利用して、格安でワキ脱毛をしました。



冷たいジェルを肌の上に乗せて、光をあててもらいます。爪で弾かれたような弱い刺激だけで、痛みは全くと言っていいほど感じません。施術後2週間くらいで、毛が抜け落ちますが、1~2ヶ月するとまた生えてくるので、その周期にあわせてまた光をあてにいきます。私の場合、毛が生えなくなるまで20回ほど通う必要がありました。時間はあるけどお金はない学生の時にやっておいて正解だった脱毛方式です。

感想【医療脱毛】熱破壊式脱毛

エステ脱毛に比べると痛みを感じました。痛みを例えると極細の針が何本か束になって肌に刺さっている感じです。ただ、レーザーの強さには段階があり、あまりにも痛い場合にはレーザー強度を弱めてあてることができます。私は体質的に痛みに強く、肌も強く、レーザーが強いほうが脱毛には効果的ということもあり、痛みに耐えられるだけレーザーの出力をあげてもらっていました。おかげさまで、5回のコースで、今は細い産毛のようなものしか生えてこなくなりました(超至近距離でないと気づかないレベル)。もっとは早くからやればよかったと感じています。

個人的におすすめなのは【医療脱毛】熱破壊式→【エステ脱毛】の流れ

もし初めて脱毛を考えた時に今の脱毛の知識を持っていたら、まず熱破壊式の【医療脱毛】をして、その後に【エステ脱毛】をします。
熱破壊式の医療脱毛は太く濃い毛、エステの光脱毛は産毛が得意なので、初めに濃くて太い目立つ毛を医療脱毛で短期間で無くし、その後に残った毛が気になるようであれば、エステ脱毛で減らしていくという作戦です。

金額重視であれば、エステ脱毛のほうが少額で済みます。肌が弱い・痛みに弱ければ蓄熱式の医療脱毛やエステ脱毛のみでコツコツと減らしていくのがいいかと思います。ただし、エステ脱毛はとにかく時間がかかります。医療脱毛が気になるけれど、自分の肌が大丈夫そうか不安に思うことがあれば、医療脱毛のクリニックでカウンセリングを受けて相談してみましょう。

クリニックまとめ

SSC脱毛が受けられるクリニック

美容脱毛サロン 【ミュゼプラチナム】
私も利用したことがある 【ミュゼプラチナム】では鎮静効果の高いiPS細胞培養上清液を配合した美容液「iPトリートメントエッセンス」を使用。美容液を使用することにより美容脱毛としては最大級のレベルでのお手入れが可能になっています。


蓄熱式脱毛が受けられるクリニック

医療脱毛とエステ脱毛のW脱毛プラン【じぶんクリニック】
【じぶんクリニック】では、全身脱毛は蓄熱式の医療脱毛、顔は細い毛に効果的な光脱毛を取り入れていています。料金プランも分かりやすく明解。しかも解約手数料が無料で、余った回数分を全額返金してくれるので、コース契約後も施術を受けながら検討することができます。


【医療脱毛】熱破壊式脱毛が受けられるクリニック

本当に良いものをシンプルに、適正価格で受けるなら【ルシアクリニック】
大阪、京都、神戸、名古屋、広島、福岡、神奈川、埼玉、千葉に店舗があるルシアクリニック。肌質にあわせて3種類のレーザーを使い分けた施術を受けることができます。今年5年目で脱毛症例450,000件(2018年3月~2022年2月統計)という数も信頼の一つの証。実際に自身の肌をみてもらいながら無料カウンセリングで相談をすることができます。


 
 
アーユルヴェーダでのアフターケアが人気【クレアクリニック】
新宿と渋谷にクリニックがある【クレアクリニック】では、脱毛後のお肌のケアに100%オーガニックのKAMA AYURVEDA(カーマアーユルヴェーダ)製品でのアフターケアを無料で受けることができます。通常は照射終了後に、軟膏を塗るクリニックが多いですが、美肌効果もあり、尚且つ自然治癒力を高めてくれるアーユルヴェーダでのワンランク上のアフターケアを受けたい方におすすめです。

クレアクリニック
 
 
RENATUSクリニック
私は知人に紹介してもらった東京と仙台にクリニックがあるRENATUSクリニックで5回コースを受けました。
熱破壊式脱毛は蓄熱式脱毛や光脱毛と比べると、金額が上がるのですが、平日の時間帯をうまく利用できると、RENATUSクリニックではかなりお得になるプランがあります。効果を体感したい方はこちらのクリニックもおすすめです。

キャンペーンの安いコースのみでもOK?

ミュゼはいつもお得なキャンペーンを実施していて、私も利用したことがあります。
安いコース契約時に他のオプションの案内もありますが、「今は不要」の旨を伝えたら、今後一切勧誘はなく、安いコースのみで通い続けることができました。
 
医療脱毛はエステ脱毛より金額的にコース契約のハードルがあがりますので、数回で安く受けられるキャンペーンがあれば受けてみたり、カウンセリングをうけて検討してみてくださいね。