megumi aimy fit blog

【大会出場経験者談】大会に出るにはいくら必要?1年間で使ったお金を計算みた。

フィットネス

こんにちは。megumiです。 
フィットネス系の大会・コンテストに興味あるけど、まだ出たことがない。そんな方にとっては、一体どれくらいお金がかかるんだろうと思いますよね。
ということで、コンテストに出るまでの1年間で、私が過去に出場した団体を例に、コンテストに関連すること全てをひとつひとつ思いだしながら計算してみました。

あくまでも私の一例で、概算ですが、それでは見て見ましょう!

トレーニング費

パーソナルトレーニング代:約40万円(1回約8,000円で基本週1回程度)
パーソナルトレーニングや合トレでのジム施設使用料(ビジター使用料):約5万円
24時間ジム使用料:約11万円(9000円/月)

エントリー・出場費

コンテスト出場料:16,500円(2020年のサマースタイルアワードで1部門出場の場合) 
団体によって金額が大きく異なります。団体によっては登録料として年会費的なものを支払う必要があります。
コンテストに複数回出ればもちろんその分金額があがります。

公式セミナー・ポージング練習参加費

団体主催公式セミナー代:1回8,500円~
公認講師によるパーソナルポージングレッスン:1万円〜? 
こちらも団体によって金額が異なります。大会未経験の場合、公式セミナーやポージング練習を受けて練習することになると思うので、受ける回数がかさめばその分金額が上がります。

コンテスト規定ウエア・装飾品

規定ウエア:私の場合、ストーンがついたキラキラビキニ代として約5万円(韓国のビキニブランドで購入)
コンテスト用ヒール:約7,000円(楽天で購入※コンテスト主催団体が販売しているヒールを買う必要がない場合)
ピアスやブレスレットなどの装飾品:1万円〜(気になるものを色々買っていたので上がりました)
大会公式タンニング:?円(私はしていないのでわかりませんが、だいたい1万円くらいでしょうか。)
ウエアやヒールは、団体が販売しているものを身につける必要がある場合があります。ヒールの高さの規定などもあるので、よくご自身が出る部門の規約を確認してくださいね。

そのほか人によるもの

交通費・宿泊費、コンテスト当日のヘアメイク、リンパマッサージ等ボディメンテ代、美容代(大会前の美容室など)、日サロ代、サプリ代、コンテスト観戦チケット代
→私の場合トータルで15万円は軽く超えてました…。ここの金額が個人差が出やすいところだと思います。

総額はこちら

最後のほうがかなり雑になってしまいましたが、私の場合は、1年間に何回かコンテストに出場していたので、ざっくり計算しただけでも85万超えとなりました。
コンテストの遠征が多い人やビキニを大会ごとに変えてる人、ポージングレッスンをたくさん受けてる人、美容にお金をかけている人はもっともっとかかると思います。 

コストを抑えるなら賢くサービスを使おう

コンテスト当日に持っていくものなど、何かと必要なものが出てきます。カードのポイント利用や、楽天であればお買い物マラソンなどを利用して、コストを抑えて買い物しましょう。
👇

楽天カードで貯まったポイントは楽天トラベルでも利用できるのでうまく遠征の宿泊費、交通費が押さえられます✨
👇

まとめ

この金額を高いと思うか安いと思うかは人次第かと思いますが、コンテストに出るとその準備期間も含めてそこでしかできない体験ができますし、ボディメイクの仲間ができたり、自分の足りないところが見えたりと、何かしらを得られる経験にはなると思います。 
人生一度きり。出て後悔、出ないで後悔、どちらもしないように、事前の準備をできるところはしておきましょう。 
こちら、あくまでも私のライフスタイルと、私が出場した団体での経験を元に計算した金額なので、あくまでも参考程度にご覧くださいね。
 

コンテスト当日に必要なものリストはこちらの記事にアップしています。
コンテスト当日の持ち物リスト